賃貸管理が苦手な大家さんに朗報|手間要らず

つみきと紙幣

万全の備えができます

間取り図

家賃以外も魅力です

マンション経営には実にメリットが多いです。まず1つ目に挙げることができるメリットが少額で投資をすることができるという点です。マンションというと中古ワンルームマンションでも1000万円から2000万円程度のものとなりますが、投資額はこの1割から2割で済みます。残りは金融機関から借入をすることで賄うことができます。この借入を利用することで少ない元手でも大きな買い物をすることができるのです。借入をすればレバレッジが効くため、運用効率が上がります。2つ目のメリットは生命保険代わりになるということです。マンション経営において借入をして区分マンションを購入する場合、その借入には団体信用生命保険が付きます。団体信用生命保険とは借入者が死亡した場合には、残りのローンを立て替え払いしてくれるという生命保険です。借入をしてマンション経営をしていれば、オーナーに万が一のことがあった場合にも、保有マンションを売ることなく、家賃収入が発生する資産を遺族にローン負担なしで残すことができます。3つ目のメリットが相続税の節税対策ができるという点です。不動産は相続税を計算する際には現金とは異なり、時価評価ではありません。いろいろな減額割合が考慮されます。このため、最終的な相続税は7割程度までに下がるケースもあります。マンション経営を始めることで、安定的な家賃収入とともに、これらのメリットが一気に手に入るようになります。