賃貸管理が苦手な大家さんに朗報|手間要らず

男女

将来性のある資産繰り

個人が不動産投資を始める時には、アパートやマンションを購入して、管理業務を専門業者に委託するのが一般的です。税理士や賃貸管理会社と連携するのが賃貸経営の基本であり、建て替えや大規模修繕に向けて資金を積み立てる取り組みも必要です。

ウーマン

高額投資の資産形成

マンション投資は長く収益を得続けることができるのがメリットです。数千万円以上は初期投資をしなければならない高額投資になりますが、不動産投資ローンを利用でき、フルローンでマンションを購入することもできる場合があります。

間取り図

万全の備えができます

マンション経営には家賃収入以外にも様々なメリットがあります。これらのメリットをきちんと理解しておけば、相続税の節税も無駄なくすることができますし、資産運用における運用効率も格段にアップさせることができます。

不動産管理を楽にするには

粘土の住宅

会社に委託する利点

横浜に所有している物件の管理を、賃貸管理を得意としている管理会社に委託すると格段に楽になります。これは本業を持ちながら大家業をしている人には特におすすめです。理由は、大家業は大変なことが比較的多く、入居するときや退去するときなど実際に立ち会わないといけないことも多いからです。本業を持っていると、どうしても入居者への対応やサービスが悪くなってしまいがちです。入居者へのサービスが悪くなると、当然入居者は早めに別の物件への転居を考えることになり、所有している物件の空室期間を作ってしまうことになります。また、家賃の滞納が発生してしまった場合にも、入居者との交渉は全て自分で行なわなくてはいけないので大変な労力と手間がかかります。そこで、これらの空室リスクや家賃の滞納リスクに迅速に対応するためにも、横浜の管理会社に委託してみましょう。横浜の管理会社を決めるポイントは、賃貸管理をしている管理戸数が多いからという理由だけで決めるのはやめておきましょう。まずは、管理会社の対応力を見極めるためにもその会社が管理している物件の入居率や平均してどれくらいの空室期間があるのかを聞いておきましょう。家賃の滞納期間が2ヵ月以上ある物件をどれくらいかかえているのかや入居者とのトラブルにはどう対応しているのか、クレーム対応する人員は十分確保されているのかなども確認しましょう。そして、賃貸管理にかかる費用と得られる利点とを比較して見て、費用に対して得られる効果の大きさを考えてから横浜の管理会社と契約を結びましょう。見落としがちな点としては、賃貸管理を管理会社に委託した場合にかかる内装工事などの費用が適切かどうかもチェックしておきましょう。